×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠6ヶ月になると

妊娠がの期間が、6ヶ月になってくると、赤ちゃんがだいたい新生児のからだのバランスが同じになってきます。妊娠6ヶ月を過ぎる頃になると、超音波診断などでは写らなくなるそうです。それだけおかあさんのお腹の中で成長しているということなんですね。この頃になるとお腹の中の成長のスピードが上がってきます。一ヶ月で約1.5倍くらいのスピードで赤ちゃんの体重が増えていきます。妊娠6ヶ月のおかあさんの状態では、胎動がだんだん感じるようになってくるそうです。またお腹も少しずつお腹の赤ちゃんの成長とともに出てきますので、からだの重心がずれてくるので、腰の負担が掛かるようになってきますから、十分気おつけましょう。また妊娠中はなるべく薬などは避けたほうがいいですね。漢方や生薬などのほうがいいのかもしれません。妊娠中に風邪などひたらゆっくり休養し栄養をとり、お医者さんに診察、相談をしましょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

もし妊娠中にインフルエンザに感染したら

妊娠中のおかあさんがもし、風邪ではなくインフルエンザに感染してしまったら・・・・どのような対処法があるか、まず医者や医療機関での診察を受けることが肝心です。また妊娠中のおかあさんは、著しく赤ちゃんの成長とともに体重が増えているので、妊娠していない体に比べ酸素の必要な量も多くなってしまっているので、疲れやすいです。それで妊婦がインフルエンザに感染したならば、医療機関に診察を受け、医師に従ってからだの安静、水分やミネラル、栄養の補給そして医師による薬物療法が大事になってきます。妊娠中のインフルエンザの予防接種は受けることは出来るそうです。でもインフルエンザの予防接種を受けたとしても、感染を全て防げることはなく、お腹のなかの赤ちゃんには、影響はほとんど無いそうです。大事なのは、毎日の生活のなかで、うがいや手洗いなどで風邪を予防することが、妊娠中のおかあさんやお腹のなかの赤ちゃんにとって大事ですね。

貧血も大変ですね。

妊娠中の悩みのひとつとして、貧血がありますね。なぜ妊娠中に貧血になりやすいのか?だいたい妊娠5ヶ月頃になると、あかちゃんの発育にともなって、妊婦のからだの血液の量が増えてはくるのですが、鉄分の量が血液の量に対して、鉄分の量が少ないために貧血が起こりやすくなります。これを鉄欠乏性貧血といいます。このように貧血を和らげるためには、ビタミンやたんぱく質、栄養がたくさん取れるような食事が大事になってきますね。鉄分の多い食材としては、レバー、ほうれん草、アサリなどが鉄分の多く含む食べ物です。でもレバーの食べすぎには注意みたいです。このレバーは、ビタミンBが豊富なので、貧血などには欠かせない食材なのですが。ビタミンBを採りすぎると胎児に影響がある可能性があるそうです。でも普通にレバーを摂取する程度であるなら体には、影響はありませんので安心してくださいね。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 妊娠6ヶ月は、お腹に変化が・・・